住宅購入の自己資金ってどれくらいぐらい必要なのでしょうか?かつてはよく、住宅購入費用の2割くらいの自己資金が必要だと言われておりていました。これは、住宅ローン(一定の条件を満たさないと審査に通りませんが、その審査基準はその金融機関によって畭なります)で借りられる金額の上限が住宅購入費用の八割だったからです。最近では、住宅を購入する諸費用まで全て含めて借り入れが可能でる住宅ローンもあるようです。なので、ちゃんと返していける自信があれね、自己資金がゼロでも住宅を購入することは出来るなのですよ。あくまでも、住宅ローン(一定の条件を満たさないと審査に通りませんが、その審査基準はその金融機関によって畭なります)の審査に通ることができればとはいえ。自己資金がゼロでも住宅購入は出来ますが、自己資金が多ければ多いほど、後になっての返済が楽になるのも事実です。また、返済額や返済までにかかる期間が短いほど、支払う金利も安くなるんです。それに、住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)を返済するまでには何が起こるかわかりません。家族が突然、多額の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)費が必要になるような病気にかかるかもしれませんから、大黒柱が職を失うことだって必ずしもないとはいいきれないだと言えますね。不測の事態に備えるためにも、ある程度の自己資金を貯めてから、将来、返済に困らないような資金計画を立てた上で、住宅を購入すべきとされているのです。バブル期とは違って、購入した時よりも住宅の価値があがることは少なくなります。住宅を買ってた時の金額よりも、売却した時の金額の人が少なくなってしまったと言われているのです。さらに、住宅は購入すればそれでもう費用がかからないという訳ではないことにも注意が必要です。固定資産税や修繕費用、火災保険料(5年くらいの期間のものに加入して、度々見直すのが良いでしょう)なども必要になりますー